美容コラム

【そうなのか!】エイジングケアは50代からが勝負な3つの理由!

50代になると、乾燥やくすみなどの肌のトラブルが出やすくなります。また年齢が上がるとともに、肌質も変化してきますので50代では肌の変化に合わせたエイジングケアをすることが重要です。

更年期による肌の変化

50代になると、多くの人が更年期を迎えます。

更年期を迎えると、卵巣機能が衰え、女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少します。エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分の分泌に大きく関わるホルモンです。

50代になると、エストロゲン量の低下に伴い肌質が変化してきます。

コラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、保水力が弱まり、肌が乾燥しやすくなります。また、肌のハリや弾力が低下し、しわや毛穴が目立ってきます。エストロゲン量が低下する50代でエイジングケアを怠ると、肌の衰えが急速に進んでしまうのです。

保湿成分としてコラーゲンやヒアルロン酸の他にセラミドも重要ですが、50代になるとセラミドの分泌量も減ってきます。50代からはこれらの保湿成分を補うケアをしっかり行いましょう。

新陳代謝の低下による肌の変化

肌の新陳代謝は年齢とともに衰えてきます。肌のターンオーバーの期間は、20代では約28日ですが、50代では約60日です。

このことから、50代では表皮の新陳代謝が低下していることが分かります。新陳代謝が低下すると、肌のバリア機能も低下してしまいます。

そのため、50代の肌は40代よりも乾燥しやすく、ダメージを受けやすいのです。また、50代では皮脂の分泌量も低下しています。

皮脂の分泌量が低下すると、皮脂膜が減り、水分が蒸発しやすい状態になります。

50代の肌は水分も油分も不足しがちなので、それらを補うエイジングケアが必要なのです。

肌に負担がかからないケアの必要性

50代になると皮膚が薄くなり、少しの刺激でも炎症を起こすことがあります。

そのため、肌に余計な負担がかからないようにすることも大切です。顔を強くこすることや過剰な洗顔は肌を傷つけます。

メイクは薄めを心がけ、洗顔も優しく行いましょう。

肌に潤いを与えるために、保湿成分が入った化粧品を使うことは効果がありますが、肌が敏感になっている人には負担になる場合があります。

50代の肌は刺激に弱いので、あまり強い成分が入っている化粧品は避けるほうが無難です。

保湿成分を補いたいのであれば、食事から摂取することも取り入れましょう。女性ホルモンのエストロゲンを補うために、大豆製品を毎日食べることは効果的です

野菜やこんにゃくなどにはセラミドが含まれているので、意識して毎日食べることがおすすめです。

50代からのエイジングケアでは、肌に負担のかかることは避け、食べ物などから必要な成分を摂取しましょう。

関連記事

  1. エイジングケアを考える30代女子におすすめのスキンケア方法3選

  2. アンチエイジングの美容法で30代におすすめのものってある?

  3. 【検証】肌の乾燥にはプラセンタが良い理由とは?

  4. 【おすすめ】40代のエイジングケア化粧品!3つのポイントとは?

  5. 【教えて!】30代からのエイジングケア化粧品の選び方のポイント3選

  6. 【切実】アンチエイジングをしたい敏感肌女子が選ぶべき化粧品とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

美容コラム

【検証】肌の乾燥にはプラセンタが良い理由とは?

美容コラム

【知りたい!】肌の乾燥に悩む40代女性はどんな化粧品を選ぶべき?

美容コラム

【徹底解説】肌の乾燥に悩む女子へ向けた化粧品の選び方3選

美容コラム

エイジングケアを考える30代女子におすすめのスキンケア方法3選

美容コラム

【教えて!】30代からのエイジングケア化粧品の選び方のポイント3選